レース
  • >
製品・情報ブログ

BLOG

全109件中、3件めを表示しています。

さいたまクリテリウムに行ってきました

2016-10-31

10月29日に行われた『2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム』に行ってきました。

このイベントに行くと一年が終わったなぁという気分になります。

というのも、10月頭のジロ・デ・ロンバルディアでワールドツアーのロードレースが終わり、日本で行われるジャパンカップも終わるとホントにシーズン終了です。

そして、その年のツールドフランスで活躍した選手のみが招待されるのが、さいたまクリテリウムです。

選手たちは、一年間闘って結果を残した、そのご褒美として日本に招かれるため、選手たちの間にはバカンス気味な雰囲気が漂っていますが・・・

そんなゆるい雰囲気のレースであっても、クリストファー=フルーム、ペーター=サガン、マルセル=キッテル、ラファル=マイカ、アダム=イエーツなど、世界のトップクラスの走りを実際に肌で感じることが出来るのは貴重な機会です。


コースは、昨年と同様、さいたまスーパーアリーナ内を通過し、さいたま新都心駅周辺を周る3kmのコースを19周する57km

駅前の高層ビル街をグルグル回り、高架下も通過する為、カーブが多く、Uターンまであり、かなり脚に来るコース設定

今年も個人タイムトライアルや、ポイントレースなど、本戦のクリテリウム以外にもレースがいくつかあります。


また、会場周辺には、さいたま市内にある「食」をテーマに、ご当地グルメ、推奨土産品、スイーツ等や、フランス産の食材を使った飲食物の 販売を行う『さいたマルシェ』や

クリテリウムのパブリックビューイングを楽しめるステージエリアや、子供自転車教室、BMXの体験会などを実施する体験エリア、最新自転車の試乗会や、自転車関連企業のブースによるアイテム販売などサイクルモード的な『サイクルフェスタ』も開催されており、

レースの合間を使って、各ブースを周れば、一日中イベントを楽しむことが出来ます。


陽が少し暮れかかる15時過ぎに、クリテリウムがスタート(以下、私の主観によるレース展開です)

2週目にという序盤に、はやくも日本人選手を複数含む逃げが早くも形成されましたが

スプリント賞や、山岳賞のポイントが掛かった周回を迎えると

それらを狙うチームによって追走集団が活性化、あっと言う間に吸収されレースは降り出しに戻りました。

山岳賞狙いの選手、スプリント賞狙いの選手たちがポイントを狙ってアタックし、また逃げが形成

今回は、キッテルやバルデなどの強力な選手と共に、窪木選手など日本人としては強力な選手も合流していました。

終盤まで逃げ続け、のこり周回も少なくなったところで、別府選手や新城選手たちが先頭に立って追走

この追走が強力で、逃げ集団を吸収

逃げ続けていたバルデを捕まえると、

バルデのチームメイト、アレクシー・ヴュイエルモーズがアタック

このアタックに別府、新城も加わり、3人による新たな逃げ集団が形成されました!
(デジャビュ―でしょうか、毎年同じ展開を観ているような気もします・・・(笑))

もともとこのイベントはお決まりのシナリオがあって、

日本人選手の逃げ

海外選手たちによるポイント獲得の逃げ

別府・新城の逃げ

3賞ジャージの逃げ

スプリント勝負

という起承転結が決まっている為、よく考えれば、次の展開も分かるんですね


別府の単独逃げになり、残り2周をむかえると

いよいよ出てきました3賞ジャージ

何故か山岳賞のマイカは加わっていませんでしたが

フルーム・サガン・イエーツの3選手が追走

そこに何と!

日本チャンピオンの初山選手(アンカー)が何故か加わってしまうというサプライズ

これはブリヂストンにもレースのスポンサーに加わって欲しいというA.S.O.からのメッセージでしょうか?

まさかのサプライズで、最後のスプリントも面白くなっていきました。


『ツール=ド=フランス』を冠するレースのため、『シナリオ』というあからさまチカラにより、サガンを抑えフルームが勝つのか

ブリヂストンをスポンサーに加える為にも、A.S.O.の見えないチカラによって、初山選手が勝たされてしまうのか

そんなシナリオは関係なく、最後は純粋なスプリントでサガンの優勝か


そんなことを考えているうちに別府が吸収され、イエーツがアタック!!

このメンバーでスプリントになると勝てないので、当然といえば当然ですが・・・


最終周回を迎え、のこり数百メートルで、イエーツは吸収

残り300メートルを切ると、フルーム・サガン・初山によるスプリント・・・


勝ったのはサガン

初山は2着、3着にフルーム


今年も楽しませてもらいました、ありがとう『さいたまクリテリウム』m(__)m

毎年お決まりのメンバーなので、来年はコンタドール・キンタナ・グライペル・カヴェンディッシュなど、まだ会ったことのない選手に来日して欲しいですね

ニュース写真

 

Back to list

TOP